ideaco STORY

シンプルに美しく暮らす

日本には古くから山川草木悉皆成仏という自然観があります。山にも川にも草にも木にも石までも神が宿る、里山には必要以上に採らない、無駄を作らない、モノを慈しみ大切に生かしきる生活の習慣と姿勢があります。日本の生活文化、美意識は実はこのような里山の自然観から生まれています。

素朴でシンプル、飽きのこない、無駄を生まない、そして主張し過ぎないデザイン。日本に生まれ育った私たちは その文化・美意識をもって世界に貢献する。そこに現代の暮らしに切り込む革新的な発想視点アイデアを持ち込む。イデアコデザインその原点は里山の原風景にあります。

2人のデザイナーから始まりました

イデアは、1989年にファッションデザイナーの羽場一郎とグラフィックデザイナーの乾成行の2名によって新製品開発 のコンサルティングプロデュースを請け負うデザインスタジオとしてスタートしました。

CUBEでブランドデビュー

ideacoは、デザインスタジオ・イデアのオリジナル製品ブランドとして、設立9年目の1998年に傘立て「CUBE」でブランドデビューしました。CUBEは、世界で初めて傘の先端をさすだけのコンパクトな傘立てとして、多くの注目を集めました。イギリスのWall Paperなどのデザイン誌や、米国のNew York Timesなどに日本を象徴するミニマルデザインとしても紹介されました。
デビューから20年以上経た現在もエポックメイキングな傘立てとして販売しています。

TUBELORが世界のスタンダードに

2005年には、ポリ袋をすっきり隠せる世界初の二重構造のゴミ箱「TUBELOR」がデビュー。そのデザイン性は世界で評価され、ドイツのiF product design award 2008、Reddot design award 2012を受賞。今や世界のスタンダードとなり、パリのHotel Costes、ニューヨークのStandard Hotel、香港のMandarin Orientalなど、世界中の名だたるホテルの客室備品としても使われています。
現在ideaco製品は、世界中が注目するパリのデザインショップmerciや、ヨーロッパ各都市のデザインミュージアムショップ、また米国ではニューヨーク近代美術館や収納用品専門チェーン店The Container Storeなど、世界中で販売されています。

サスティナブルな社会の実現に貢献する

独創的なコンセプトで作られたideaco製品は、ありそうでなかった生活用品ブランドの代名詞となり、日本をはじめ世界中から注目を集めるブランドへと成長しました。
ideacoは“シンプルに美しく暮らす”をコンセプトに、コンパクトでクリーンな暮らしをデザインすることを使命とし、人々の暮らしと地球の環境に優しい製品を開発し提供し続けていきます。

代表デザイナー HABA ICHIRO