ideaco DESIGN ideaco DESIGN 30th

イデア30年の軌跡

Location

1986 創業

代表羽場は1956年兵庫県宝塚市生まれ。高校3年の時ファッションデザイナーに憧れ洋裁専門学校夜間部へ通いはじめました。

Picture 1986
Location

高校卒業後3年間専門学校で学んだ後ファッションビジネスの講師であった米国のLAのマーケティング会社代表とのご縁をいただき21歳にしてその会社に勤めました。専門学校卒業時にはデザイナーではなくファッションビジネスをプロデュースできる企画のスペシャリストを目指そうという思いを持っていました。その会社で9年間従事させていただいた後30歳で独立、羽場企画事務所を立ち上げました。事務所もお世話になった前会社のLAな感性海に近い大阪南港のマンションの一室からスタートしました。

Picture
Location

1989年 イデア株式会社設立

羽場企画事務所個人創業から2年後の1989年9月12日1000万円の資本金でイデア株式会社を設立。社名はギリシアの哲学者プラトンのイデア思想にちなみ「理想をカタチに」というコンセプトを自分たちのミッションとしてデザインとしての美しさ、人としての美しい生き方を思い描きそのような理想を求めて企画デザイン活動していこうというとイデア株式会社と名付けました。

会社設立時には帝人の繊維専門商社様、トヨタ自動車の用品メーカー様、靴下肌着のアパレル様などから顧問契約をいただき順風満帆なスタートを切らせていただきました。

Picture 1989
Location

時代はバブル全盛、株や土地、金など投資しその値上がりで庶民までもが贅を尽くし贅沢が美徳と思えるほどの放漫な時代グラマラスカルチャーに酔いしれていました。ご多分に漏れずイデアも会社の利益拡大と将来への発展投資の為と大義を掲げながら楽と贅沢を求め株式や土地や先物への投機に走っていました。日本中がうかれデスコブーム、ジュリアナ東京やマハラジャ、ボデコン女性が夜どうし踊り、男がそれを追いかける饗宴の時代でした。

Picture
Location

1990年初頭 バブル期のイデア

Picture

そんなバブルのさなか、視察に訪れたニューヨークでの出会いがきっかけとなり、羽場と木原、そしてニューヨーカーの2人、4名でContingentコンティンジェントと言う会社を現地に立ち上げました。

1990年
Location
Picture

その社名の意味するところは偶発性です。何か新しい事・モノの誕生は偶発的に生まれる。新たな人との出会いや今まで全く関係もないと思われた情報が組み合わさったとき偶発的に起こる創造のエナジー、そのような創造の場をプロデュースする情報商社という事業コンセプトをもってコンンティンジェントは立ち上がりました。小倉屋山本のオーガニックビルもコンティンジェントの仕事の一つです。毎シーズンNYストリートファッションの情報をとりまとめ紡績メーカー、商社さんにレポートを行っていました。

Location
Picture

小倉屋山本のオーガニックビルもコンティンジェントの仕事の一つです。毎シーズンNYストリートファッションの情報をとりまとめ紡績メーカー、商社さんにレポートを行っていました。

Location

そうしてバブルは弾け飛んだ1993年にはご多分に漏れずバブルの饗宴に乗ったイデアは債務超過事実上の倒産状態となりました。幸いながら手形を発行していなかったため破産という事態は免れました。この事によって羽場は自らの経営姿勢をそしてイデアの経営理念を見直す機会を持つ事が出来ました。それは京セラ名誉会長・稲盛和夫さんを塾長とする経営塾、盛和塾との出会いでありました。

1993年
Location
Picture

事業は利他なり、事業というものは社長のあなたを利する為のものでは全く以てありません。従業員の物心両面の幸せの実現世のため人の為に利他を実践する事こそ、本来の事業の目的であり意義であり、あなたが努めるべき事であります。そのような学びの機会は今こうしてイデアが30年会社を持続して来られた最大の要因であると思います。自分の夢をかけて会社を立ち上げ、初心を忘れてバブルに乗って会社は我が利益を実現する道具という考え方になり染まっていた私にとってその教えは全ての判断基準の根底を覆すものでありました。

Location

この時からイデアの第二期創業がスタートしました。現在イデアでは毎朝全員で顧客第一、会社第二、個人第三で仕事をしますと利他の実践を社是とし唱和しています。